正しいルール

2014.6.4 (水)

皆さんは会社(部署)や家庭でのルール
を作る場合、どのように考えて作りますか?
永久不変の正しいルールを作ろうと考えたり
していませんか?心情的には理解出来ますが、
実際にはそれは無理な話です。

001

 

何故なら、永久不変の正しいルールなど、
存在しないからです。 当たり前の話ですが、
仕事にせよ、プライベートにせよ、周囲の状況や
自分や自社を取り巻く環境は常に変化している
からです。状況が変化しているのに、古いルール
に固執し、変更しないまま進んでも次第に
辻褄が合わなくなってきます。そうなれば
ルールの存在意義が無くなってしまいます。

そして、ルールが無い会社(部署)で働く社員は、
どう動けばいいのか解らないという理由もあります。

赤信号ならブレーキ、青信号ならアクセル。
ルールが明確だから、それにともなうアクションが
決まります。まずは何より「ルールがあること」
が大事です。最初から正しいルールなど作れなくて
当たり前。(そもそも存在しないですし。)
適当に作ったルールでOK!「あることが正しい」
のです。 そして不都合が生じれば、後から
どんどん修正すればよいのです。

プロ野球でも「プレーオフ」なんて、過去には
ありませんでした。お客様が来ないからと、ルール
を変えてプレーオフをやり、それでもお客様が
少ないからと、「セ・パ交流戦」まで作った(笑)。

・・・というように、お客様の要求や時代に合わせて、
ルールを変えることが正しいのです。
ずっと同じルールでやるのは間違いです。

世の中は、変わっている。
ライバルもお客様も変わっている/変わっていくのです。
とりあえずつくって、後でどんどん手を入れる。
これこそが正しいルールなのです。

では、また。・・・

====================
本日の言葉の定義・・・「頭がいい」
学校の勉強が出来たとか、成績がよいという
ことではありません。物事を正しく掴み取る
力と、すぐれた感性を備えている人です。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ