与えられた環境で成果を上げる

2014.6.6 (金)

「神様、仏様、稲尾様」でしられる、元西鉄
ライオンズの大投手:稲尾和久氏(2007年
11月 没)のお話を少し・・・

後に大投手として名を馳せる彼ですが、高校時代
は全くの無名選手で、1956年の入団当初は、
バッティングピッチャーしかやらせて貰えず、
給料も、同期入団の他の選手と比較にならない程
安かった。そう、つまり球団から全く期待されて
いなかったのです。

inao

そんな状況にあっても、彼は黙々とバッティングピッチャー
をこなし、ある時、ある事に気が付くのです。

「バッターというのは、ストライクばかり投げると
嫌がる・・・」 という事に。

バッターも、毎回毎回打っていては疲れます。
その事に気づいた彼は、3球ストライクを投げて、
1球はボール球を投げるようにしました。
そしてこの4回に1回のボール球の投球だけは、
自分の練習の為の自分自身の物であると決め、
高め、低め、インコース、アウトコースと、
ボール球を投げ分ける練習を積み重ねたんだそうです。

そしてその結果、彼は、神様と称される程の
名コントローラーにまで成長出来たのです。
彼は、自分に与えられた環境の中で知恵を出し、
一所懸命に仕事をして成功しました。
我々も見習って、場所が無い・金が無い・
人が無い 等と愚痴を言う前に、まず、
知恵を出せるよう頑張りたいですね。
では、また。・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「アクション」
私たちは神様ではないのです。ただ単なる普
通の人なのです。その普通の人が、何のセオ
リー(理論)もなく、設計図も計画もなく行
動を起こして、人様より豊かな生活を求める
ということ自体が、土台むちゃな話です。
それでも、行動しなければ何も始まりません。
====================

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ