責任を背負う勇気

2014.6.13 (金)

人とは、本来とても弱い生き物です。
自分をしっかりと持っていなければ、
楽な方へ楽な方へとどんどん流されて
しまいます。私も自分がとても弱い人間
だという自覚があります。(笑)

31a09464

 

私は仕事関係で人とお話をする時、
「こうしなさい。」「こうするべきです。」
と、偉そうな物言いをする事が多いです。
私をよく知る人間が聞けば「自分も出来て
いないのによく言うなあ。」と思うでしょう。
はい。その通りなのですが、実は、自分自身、
やらなければならないと考えている事の中で、
出来ていないと思っている事ほど、強調して
言うように努めているのです。
何故なら、人に対して偉そうに言う事で、
自分自身がそれを出来ないでいたら「恥ずかしい」
思いをするという状況を作り出し、自分を
追い込む為にやっているのです。
この様に、やらざるを得ない仕組み作り
個人レベルだけでなく、会社レベルでも
大事です。

 

そしてもう一つ大事なのが、責任を背負う勇気です。
我々経営者は当たり前ですが、一般のサラリーマン
諸氏においても大事です。 仕事上でミスをして
しまった時、その責任を逃れようと言い訳を探す
のが、一般的な思考です。ですが、常にそういう
行動をとっている人間に大事な(大きな)仕事は
任せられません。どんな失敗も自分の責任と受け止め
立ち向かう人のところへ仕事は集まります。
それに、逃げて逃げて常にビクビクしているよりも、
進んで背負ってしまう方が、心のありようが遥かに
楽なのです。勇気が持てず一度も立ち向かった事の
ない人間には、それが解りません。ですから経験の
無い新人さんなどには、先ずその事を教えてあげ
ましょう。

我社の社員に関する方針には、次のようにあります。

「我社の社員として、以下の事を守り、愛と勇気と
元気を持って社業に取り組んで下さい。」
~~ 中略 ~~
3.言い訳をしない。 言い訳は誰も聞きたくない。
又、相手に言い訳をすると共に自分自身にも言い訳
をしてしまい、前向きに努力しなくなる。
~~ 後略 ~~

責任を背負う勇気に、人々は敬意を払います。
自ら進んで責任を背負える人になりましょう。

====================
本日の言葉の定義・・・・「後始末」
きちんとできれば一人前です。始めることは
誰でもできるが、幕を引くのは並大抵の努力
では出来ません。中途半端になりやすいもの
です。
====================

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ