お客様との関係強化 

2014.7.1 (火)

営業会社にとってお客様がいなければ
倒産してしまいます。経済環境を見て
みても、縮小するマーケット、デフレ、
価格競争などネガティブな報道ばかりが
目に留まります。しかし、本当に売り
上げ停滞の要因はこれだけでしょうか。

076cbdea

集客(見込み客開拓)⇒ 新規顧客 ⇒
顧客の固定化のサイクルが好循環すること
が継続した売り上げを約束します。
見込み客が安定的にいて、新規顧客を固定化
(顧客の流出防止)することで売上は安定
します。結果的に継続的な売上が読めるのです。
また、広告の反応率も読めますので、今後、
効果的な広告も打てます。

 

更に、顧客データが手に入るわけですから、
定期的、継続的に有益情報を発信することで、
自社へのロイヤリティを高めていけます。
将来お客様になってくれそうな見込み客を獲得
し、そして育てていくのです。商売は商品や
サービスが良いからといって必ずしも売れる
わけではありません。むしろ、どんなに良い商品
やサービスでも「売り込み」が前面に出ては
なかなか売れません。

お客様に本当に喜んで頂くことが原点です。
そして、その原点を実践するのは「人」です。
まずはそこに働く社員一人一人が信頼されること
が必要です。そのためには、人材を『人財』
育成することが欠かせません。中小規模の企業は
『売りに弱い』といわれています。
これは人材育成に問題があります。

企業規模が小さいほど人材育成(訓練)に時間も
コストもかけていない傾向にあります。

明日の糧より今日の糧を優先することで、
全ての行動が場当たり的になり、売り上げアップの
ためにインスタントな手法に手を出してしまって
います。 短期間で成果を求める気持ち理解しますが、
果たしてそんなに簡単にできるものでしょうか?
組織において営業部門はもちろん、全ての部門において
『仕組み』づくりは不可欠なものです。
これらすべてのことはお客様との関係強化を
目的としたものです。

では、また。・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「生きがい」
働き盛りの時期を無意味に過ごすのでなく、
情熱的に生きることです。人のお役に立って
いると思える仕事があることです。
====================

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ