生涯学習

2014.07.15 (火)

生涯学習という考え方は、今では広く
用いられる様になりました。我が国では、
「人々が自己の充実・啓発や生活の向上
のために、自発的意思に基づいて行うこと
を基本とし、必要に応じて自己に適した
手段・方法を自ら選んで、生涯を通じて
行う学習だ」と定義されています。
つまり、自ら進んで新しいことに挑戦し、
トレーニングを繰り返し、体得する事で
成長していく。という考え方です。

0000000057_0000027601l

と言っても、全く覚えの無い事柄を完全な
独力で身に付ける事はまず不可能です。
最初は出来る人に着いて学ばねば成りません。
学ぶとは、真似る事ですから、最初は
何も考えずに、出来る人をそっくり真似る事
から入れば宜しい。但し、一つ注意すべき事があります。

 

注意すべき事それは、いきなり今の自分の数段上
の事を学ぼうとする(かけ離れた実力を持つ人の
真似をしようとする)事はしてはいけません。
何故なら、あまりレベルが違うと、理解出来ない
からです。いくら真似れば良いといっても、意味も
何も理解出来ていないのなら、それは単なる猿真似
にすぎません。ひとつ面白いエピソードがあります。

ある実験で、猿に正円と楕円の違いを認識させよう
とします。しかし、簡単には認識出来ないのです。
そこでまず、正円と三角を覚えさせます。これは
比較的簡単に認識出来ます。そしてその後に再度
正円と楕円に取り組ませると、覚えられる様になる
のです。 我々の学びもこれと同じで、段階を踏ま
なければ、いきなり高見には辿り着けないのです。

新人が、いきなり部長や社長の言う事など理解し
ようとするのは、無謀でおバカな行為だと言わざる
を得ません。 先ずは自分の出来る事をしっかりと
把握し、尊敬できる身近な先輩を真似てみて下さい。
成長するとは、少しずつ階段を上る事です。

では、また。・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「一人前」
苦しい体験を乗り越えて、本当の仕事の楽し
さがわかった時に達する。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ