心遣い

2014.7.18 (金)

以前、あるタクシーの運転手さんの話を聞きました。
私の感覚では、タクシーは道端で手を上げて
捕まえるもの。という認識しか在りませんが、
その時の話では、結構な頻度で個人宅へ迎えに行く
との事でした。TELでタクシーを呼んで利用する
という方がそんなにおられるという事を知り、
いろんな意味で驚きました。(笑)

国際自動車_ハイグレードタクシー(トヨタ・クラウンコンフォート)-01

そんな話から、個人宅まで迎えに行く時、何か
気を付けている事は有りますか?と質問した
ところ、その運転手さんは、「お約束時間
ぴったりに着ける事です。」と言われました。
「時間に遅れないという事ですね。」と確認
すると、「いいえ、時間ちょうどに到着させる。
そのままの意味です。」との事。

 

詳しく聞くと、「時間に遅れないのは当たり前、
ほとんどの運転手が時間の5~10分前に到着
し、呼び鈴を鳴らす。もしくは時間までその場
で待機してから呼び鈴をならす。という事を
しています。」との事でした。でもこの運転手
さんは、お迎えに上がる家の場所を確認したら、
一度その場を離れ、約束時間迄待ってわざわざ
時間丁度に着けるのだそうです。

理由を聞くと、「エンジンの音がするだけで、
お客様を急かせてしまうからです。」との事でした。
そこまで考えるんだと、その心遣い、思考に、
感動を覚えたものです。

このように、ライバル達と同じ行動に留まるので
なく、一歩~2歩先を歩ける様、考えて行動すれば、
自分のサービスを差別化出来、勝つ事ができます。
10分前に着く事は誰もがやっています。
この運転手さんと同じ行動をしようと思えば、
行動そのものは誰にでも出来る事です。でも、
普段から真に相手の目線で考えるという訓練を
していない人には絶対にそこまで考えが至りません。
これは素質ではなく、感性ですから、訓練で
磨くことが可能な部分です。逆にいえば、訓練
を怠っている人には体得出来ない部分なのです。

感性を磨きましょう。では、また。・・・・

=====================
本日の言葉の定義・・・・「居心地が良い」
お客様が財布をゆるめる。
=====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ