本物のサービス

2014.8.6 (水)

このブログでも何度も書かせて頂いて
ますが、「相手の立場になって考える」
という事が習慣的にしっかりと身に付い
ている人は、どんな事をしても先ず大きな
失敗は」しません。それは、人が生きて
いくうえで、自分一人で完結する事など
ほとんど無く、多くの人に助けられ、
関わっていかなければならないからです。

103d9157

当然仕事においても同様で、出来る人は
必ず「相手の立場になって考える」という
事の出来る人です。
ここで、かなり前に聞いたお話をひとつ。

ある新幹線の売り子さんのお話です。
いつでも、どこの路線に乗っても、他の
売り子さんより1割以上多く売り上げる
売り子さんがいました。 他の売り子さん
達と全く同じ条件で、ただワゴンを押して
売り歩くだけの仕事のどこにそんな秘訣が
あるのか? と、尋ねてみたところ、実に
簡単な回答でした。 「ただ、他の売り子
さんより、ゆっくりと歩いて回っているだけ」
とのことでした。

私もこの話を聞いた時、納得出来ました。
というのも、新幹線に乗った時に売り子さん
に声を掛けようと思っていても、気付かない
うちにスッと、通り過ぎていてタイミングを
損なった経験が幾度かあったからです。

「相手の立場になって考える」という事が
しっかりと身に付いた時、本物のサービス
見えてくるのだと思います。

では、また。・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「アプローチ」
訪問・電話・ダイレクトメールの3つしか
ありません。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ