断片的

2014.8.25 (月)

先日読んだ本にあったお話です。

ある村にインドからサーカスが
やってきます。 象など見たこと
のない村人達は、「象とは、どんな
生き物なんだ?」と、夜中にサーカス
小屋に忍び込みます。

1-C-MSC429

暗闇の中、村人達は、手探りで象に
触れます。ある人は、象の鼻に触れ、
「象とは、長い生き物だ」と言います。

ある人は、耳に触れて、「大きな生き
物だ」と言います。

またある人は、脚に触れて、「もの凄く
硬い生き物だ」と言います。

この村人達の言った事は、全て、間違い
ではありません。ただ、断片的にしか、
物事を見ていないのです。

我々の仕事においても、一方向からしか
見ていなければ、全体像が掴めず、判断
を誤る事がよくあります。

何事も、一側面だけを捉えて判断せず、
あらゆる角度、あらゆる着眼点から物事
を見る習慣、考えるクセを身に付け、
自分以外の客観的な意見に耳を傾ける
ことの出来る人でありましょう。
では、また。・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「異動(2)」
解約になりやすい。引き継ぎや挨拶を十二分
にしないといけません。連絡をきちんとする
ことです。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ