問題だらけの職場

2014.8.29 (金)

職場では、「売り上げが思ったほど
伸びない」、「部下の仕事にミスが多い」
「顧客からのクレームが増え始めた」、
といった困ったことが出てきます。

ba06d08eab07f9ec349ba414b6bf60ba_300_199

会社は、常にこのようなさまざまな問題
に取り囲まれています。社長の仕事は、
日々、将来に向けて、さまざまな問題を
解決していくことです。また、問題がある
というのは、企業が生きている証拠である
ともいえます。

「自分の組織ではすべて順調に推移している
ので、何も問題がない」、という社長がいれば、
むしろ問題です。時代とともに、顧客の志向が
変化してきているのに気付かず、従来通りの
やり方を踏襲しているうちに、「いつの間にか
お客の数が少なくなった」という事態に陥る
かもしれません。

顧客への提案がことごとく受注失敗となるのは、
「ライバルとの大きな価格差」にあったことに
気付いていなかった、という様な怖さを我々は
いつも抱えています。管理者以上の立場になると、
ふだんの仕事のなかから問題を発見して、素早く
手を打っていかないと、会社の存続そのものが
危うくなります。

ですから、社長や管理者自らが現場に出向き
自分自身の目で見て、点検する事が大切で、
問題発見の基本となります。企業活動の最前線で
起きている、不具合や問題点、担当者が困って
いることなど、出向かなければ把握出来ない事
の中にこそ、本当に重要な事が隠れているのです。
現場のちょっとした変化を見逃さず、部下の立場
になって、その真意を「聴く」ことが肝要です。

では、また。・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「動く」
変化が起きる。頭で考えるだけでは何も変化
しない

====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ