時間に仕事を・・・②

2014.9.26 (金)

先日、時間に仕事を・・・というお話を
致しました。本日はその追記を少し・・

多くの会社では、仕事に時間を張りつけて
います。この仕事が終わったらあれ、
あれが済んだらこれ、というように「〇〇が
終わったら」という発想で進めている。
これではいつまでたっても仕事は終わりません。
およそ人間は、締め切りがないと全力が出ない
性質を備えているからです。

????

学校の時間割を思い出してください。1時間目は
国語、2時間目は体育というように、〇時から
△時まではこの教科をやる、とプログラムが
決まっていますね。これが「時間に仕事を割り振る」
状態です。この仕組みのおかげで1人の先生が
何十人という子どもを管理できる。もし逆にしたら
学級は崩壊するでしょう。

一般社員がそういう状態なのは仕方がありません。
しかし、皆さんが管理職であるならば、絶対にそれを
見逃してはいけません。「この仕事は13時までに
やりなさい」「この作業は16時までに済ませなさい」
と、部下には無理やりにでも時間に仕事を割り振る
ことです。

そして、これまで1時間かかっていた仕事であれば、
次は50分、そして40分と、徐々にハードルを上げて
ください。部下のマイペースを認めては中小企業は
立ちいかず、なにより本人のためにもならない。
永久にスキルアップしないからです。

では、本日は少々短めですが、これにて。・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「営業」
次の訪問が出来るようにしてくることです。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ