誇りを持つ

2014.10.17 (金)

仕事とは、大抵の場合は同じ職場(部署)
のチーム(仲間)と一緒に遂行するもの
です。当然、気遣い、助け合い、連携等、
チームワークの重要性は、言うまでも有り
ません。 これなくしては良質な仕事の
出来ようはずがないでしょう。

a25aa11a8ee83e8a1dac3c9c7233a70d_300_199

とはいっても、大事なところで自分自身を
支えるのは、やはり自分一人なのです。

他人の目はごまかせても、自分をごまかす
事は出来ません。 誰でも、そんな自分と
向き合うときがあるはずです。その自分に、
皆さんは誇りを持つことが出来ますか?

例えば、成績が悪く会社やチームへの貢献度
は薄くとも、自分のやるべきこと、出来る
ことは精一杯やった。誰に対しても(とりわけ
自分自身に対しても)恥ずかしくないと言い
切れるだけの手立ては尽くした。そう誇り高く
思える自分がいるでしょうか?

時には、逃げずに真正面から自分と向き合って
みて下さい。 そしてそこに、恥ずかしいと
思う自分が居たならば、方向転換をしましょう。
その時、少なくとも自分を変えようとする姿勢
に誇りが持てるはずです。

成長するとは、変化することです。人は本質的に
変化を嫌う生き物です。億劫だ、面倒くさい
といった気持ちに支配されてしまえばそれまでです。
どんなに周りがサポートしてくれても、自分の中
の負の気持ちに勝てなければ、前には進めません。
そういう意味で、自分自身を支えられるのは、
自分一人だというのです。

自分の中の負の気持ちに打ち勝ち、自分の姿勢や
行動に誇りを持ち続けられれば、いつも良質の
仕事が出来るはずです。  では、また。・・・

 

=====================
本日の言葉の定義・・・・「営業利益」
お客様数の増加、商品、売価、粗利益、営業力、
販売力が売上げと利益に直結することです。
業績と関係がないところには間接的にしか
手を打たない。
=====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ