パーキンソンの法則

2014.10.25 (土)

「仕事の量は、完成のために与えられた時間を
すべて満たすまで膨張する」 「支出の額は、
収入の額に達するまで膨張する」

これは英国の歴史学者シリル・ノースコート・
パーキンソンが提唱した、パーキンソンの法則の
第一法則と第二法則ですが、切羽詰まるまで、
楽な方、楽な方に身を委ねてしまう人間の弱さを
見事に言い当てた法則です。

cf04011783286fc511f8de3ae5c96c40

皆さんも、早めに仕上げる筈だった夏休みの宿題が
結局ギリギリまで着手できなかったり、企画書完成
のため、念の為に確保しておいた筈だった時間も、
結局すべて使い果たしてしまったり、etc・・
という様な経験が、きっとあるはずです。

人は本来弱い生き物であり、ひとたび時間的な余裕
を認識してしまうと、気分が乗らないような面倒な
仕事は先送りしてしまい、あらかじめ定められた
時間で仕事をしてしまうのです。
それならばむしろ少しくらい無理に思えても、本来の
期限より自分自身の期限を早めに設定し、限定された
時間の中でプレッシャーを感じつつ仕事をこなす方が、
集中力を高め成果物の質を高めることは多くあります。

時間内に仕事が終わりそうにない場合、つい時間が
足りないことに原因を求めがちですが、実際は、その
精神的な態度に問題があるということです。
自身の職場を見ても、いつも定時に帰る人ほど、
定時までに終えることを前提として仕事をしており、
慢性的に残業をしている人ほど、残業を前提として
仕事をしているということはないでしょうか。

このようにパーキンソンの法則から人間の弱さを
考えると、仕事の場合、終了時刻を決めるのは仕事量
ではなく、あらかじめ決められた期限だと言えます。
期限をつくることによって、初めて与えられた時間と
処理すべき仕事量のバランスを考えて、眼の前の時間
をまっとうすることができるのです。

極端に言えば、しなければいけない仕事の量と、
その完成の為に与えられた時間は、あまり関係がなく、
それぞれの仕事に、あらかじめ期限さえ作っておけば、
仕事はあらかじめ設定した期限に終了するという事です。
ですから、仕事を早く終わらせることができれば余った
時間で遊びに行こう。などと思っている限りは絶対に
時間が余る事も無いですし、遊びに行ける様にもなりません。

期限を設けない仕事は終わることがないのです。

遊びに行きたいのなら、まず、先に遊びの予定を入れて、
なんとしても仕事を早く終わらせなければならない状況を
自らつくることです。 そうすることでやっと仕事に工夫
とスピードが生まれ、時間をつくりだすことができます。
迫りくる期限を意識して仕事をする事は、精神的な負荷が
大きくかかります。しかし、これを幾度も繰り返すことに
よって能力は高められます。

どんな仕事も必ず期限を設定しましょう。
では、また。・・・・

=====================
本日の言葉の定義・・・・「お客様」
我社にとって一番大切な人です。過去の実績、
人間関係は通用しない。無警告で離れる。今日、
今の対応に対して判断されるので、お客様の
不満にはすぐに対応する。
=====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ