業績向上の為に「捨てる」

2014.11.20 (木)

人とは元来、保守的というか、「慣れる」
生きものです。

20101230183228fe9

【画像:扁桃体(恐怖に関係し、保守派は大きく、
楽天家の自由人は小さい)】

「人間は面倒なことでも三度やると面倒ではなくなる」
という言葉を聞いた事がありますが、これもつまり、
慣れてしまうという事なのです。ましてそれがルーチン
ワークになっていたならば、「生産性はどう
なっているのか」「このままこの業務を続ける
べきか」などと検証するほうがむしろ面倒に
なってしまいます。

それではいけません。市場は分秒の単位で急速に
変化を続けています。そして中堅・中小企業の
リソースなど、たかが知れています。
この二つを止揚して考えれば、「うまくいかない
ものは思い切って捨てていく」ことが業績向上の
王道になるという結論が必然的に導き出されます。

こういうことを承知の上で頑張るのと、知らずに
頑張るのとでは、結果に大きな違いが生じてきます。
そして、そうする為に、部下を有効に使うことが、
大切になるでしょう。 自分の身体はひとつ、
勤務時間は有限。となれば、これもまた必然的に
導き出せる結論です。管理者はなるべく楽をして
業績を上げなくてはならないのですから。

部下を有効に使う為に、管理者たる者は、部下
との良好なコミュニケーションを図れている
事が必須条件です。部下とのコミュンケーション
不良は決して部下のせいではありません。
絶対的に、管理者である上司の重要任務と
心得て、日々の仕事に臨みたいものですね。
では、また。・・・・

==================
本日の言葉の定義・・・「面白い」
始めから終わりまで任されて、自分で
実行することです。責任があることです。
==================

サブコンテンツ

このページの先頭へ