相性

2014.12.5 (金)

どんなにすばらしい会社でも、
どんなに社員に手を掛けていても、
辞めていく社員はいるものです。

IMG_22981
我社は30人位の小さな会社ですが、
それでもここ10年位で実に30人
以上の社員が辞めています。
(もちろん、総入れ替え状態に
なっているのではなく、大半は、
長続きしないで辞めていった人達
ではありますが・・)

人に相性があるように、「社員」と
「社長」、「社員」と「社風」にも
相性があるのです。経営理念や指針に
共感できない人もいたでしょうし、
少人数ならではのアットホームな
雰囲気になじめない人もいたでしょう。

結局、互いの価値観が合うか合わないか。
会社を「辞める、辞めない」は理屈で
はないのです。 でも、以前はそれが
なかなか受け入れられず、(頭では理解
しているのですが、感覚として拒否して
いる状態) 何とかしてやろう、最後まで
責任をもって引っ張ってやろう。という
考えがどうしても先行していました。

明らかに社内で孤立し、面白くなさそうに
働いているけれど、辞める決断が出来ずに
いる社員に、退職をうながす事をしないで
何年か引っ張り上げる努力をした経験が
ありますが、結局は社内の空気を悪くし、
その社員の気持ちも変えてやる事は出来
ませんでした。やがて諦めて、退職を促し
ました。その社員は、その時1週間程は
とても落ち込んでいましたが、やがて
踏ん切りをつけて辞めていきました。
そして今では新しい職場で楽しく働けて
いるようです。

この経験から、結局合わないものは無理。
いたずらに長引かせるよりは、早く決断
した方がお互いの為にも良いのだと気付き
ました。そして今では、会社(私)の考え
に共感出来る人、一緒に楽しく働ける人達
だけが続いてくれればいい。それが、
強い組織、強い会社を作り上げる一番の
近道なのだと考える様になりました。

では、また。・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「会社(1)」
働くところではない。方針を実施して実績
を上げるところです。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ