忘年会

2014.12.6 (土)

本日は我社の忘年会、毎年12月の
第一土曜日と決めています。

129170253992716330085_sa-1
この忘年会も含め、私は社員さんと
飲むのが好きです。大切な仲間と
飲むのは本当に楽しいので、楽しみ
半分・大事な仕事半分という意識で
やっています。

仕事半分というのは、社員さんとの
コミュニケーションを深めるのは、
強い組織を作る為の社長の大事な仕事
と認識しているからです。ですから、
この忘年会や、バーベキュー大会といった
イベント以外に、4週間に1回、4~5名
の社員さんを連れての「飲み会」を
開催しています。4~5名開催なのは、
1テーブルで落ち着ける範囲(酒を注げる
範囲)だからです。

社員さんとの酒席を持つにあたり、心がけて
いることが1つあります。それは、出来る
だけ「しゃべらない」「しゃべり過ぎない」
ことです。人は本来「話を聞く」ことよりも
「話をする」方が好きで、話すことの満足度
は、聞くことの満足度の何倍も高いと言わ
れています。話をすれば気持ちも高揚して
きて、モチベーションが高くなったり、
ストレスを解消することも出来るからです。

しかし、社長である私が一方的にしゃべれば、
聞かされる社員さん達はどう思うでしょう。
社長や上司の話はどうしても「説教」になる
ことが多いです。それでは社員さん達にして
みれば、コミュニケーションどころか、苦行
にしかなりません。社長や上司のストレス
発散に付き合わされることなど、私でも
まっぴらです。

こんな状態になってしまっては、せっかく
コミュニケーションを深めようと企画して
いる「飲み会」もかえって逆効果です。
普段見聞き出来ない事柄を発見する為にも、
社内の飲み会では、上司たる立場の者は
「聞き役」に徹することが肝要です。
本日も「聞き役」よろしく、楽しみたい
と思います。

では、また。・・・

====================
本日の言葉の定義・・・「会社(2)」
部下にとっては、上司が会社です。お客様
から見れば、入社したばかりの新人でも会社
の人です。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ