価値を決めるのはお客様

2014.12.10 (水)

昨日のお話の中で、お客様の視点・
お客様の価値観 といった話をさせて
頂きました。では、価値とはいったい
何でしょうか。

1-B-TAG321

従来、日本の仕組みの中で、ある意味
では企業の側が価値を決めていました。
よく聞き、よく言われていた言葉に、
「昔はいい物を作れば売れたけど、
最近はいい物を作っても売れなくなった」
というのがあります。

ですが、そのいい物というのは、はたして
誰が決めたのでしょうか。 はい。売り手
である企業側の人間です。
消費者ではありません。
お客様でもありません。・・・

しかし、今は違います。
「価値を決めるのはお客様です」
ということです。
提供する側ではありません。

商品もサービスも必ず提供する側と消費する側
とがあります。購入するところも決まっていて、
情報の少ない時代、売る側の論理、規制、
仕組みで全部が動いていたというのはご承知の
とおりです。ところが今では、世界中から商品
やサービスがやってきます。
これで何が変わったのか、受ける側、すなわち
市場や顧客に主導権が移ったということです。
人も企業もこれが解っているようで解っていない
のです。

企業の存続は、そもそも何によって確立されるの
でしょうか。 技術、設備、人でしょうか。
いろいろあります。 しかし、一番の基本は、
たった一つ、お客様です。 お客様という存在が
あって企業というのは成り立ちます。
あまりにも当たり前の事です。

しかし、お客様の要望、期待というものを、
企業は本当にわかっているのでしょうか。

例えば、国内での解り易い例として金融業を
とってみましょう。つい最近までなぜ窓口が
3時に閉まったのでしょうか。なぜローンの
相談をするのに、休みをとって平日に行かな
ければいけないのでしょうか。 簡単です。
消費者、お客様を無視していたからです。

これからはどんどん素晴らしい商品、サービス
が出てくるでしょうし、全て変わっていくで
しょう。 ですから、店舗が住民の来易い所へと
次々に出ていっています。 多くの企業で
「お客様第一主義」をスローガンにしています
(我社もそです。)が、実際のところは、
(我社も含めて)本当にどれだけ出来ているか。

私も、つい自分(自社)中心の考えになって
しまいがちです。日々見つめ直して精進します。

では、また。・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「会社の規模」
住みつく業界によって自然に決まる。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ