変化の積み重ね

2014.12.15 (月)

本日は、「職場の教養」12月号より、
13日(土)分の記事を紹介します。
タイトル : 思わぬ変化

======= ここから =======

gathering_img04

「活力朝礼で売上倍増!」いう話を聞いた
A社長は、耳を疑いました。日頃から「社員
が思うように働いてくれない、一人あたりの
売上達成率が目標にほど遠い」と思い悩んで
いただけに、「朝礼で売上倍増?そんなうま
い話があるものか」と、正直腹が立ったのです。

A社長は、実際に活力朝礼を実施している
企業を訪ねてみました。到着すると、どの
社員も明るい挨拶で出迎えてくれました。
活力朝礼を見学後、社長から、朝礼を導入
してから定着するまでの経緯を聞きました。

その時に分かったのは、活力朝礼が売上げ
を伸ばすのではないということです。社員
一人ひとりが自発的に朝礼改善に取り組む
意識こそ大切であり、その結果、仕事の質が
向上し、生産性も効率も自ずと上がるという
ことでした。

この発見から三カ月が経ち、現在、活力朝礼
を試験的に行っています。まだ社員の意識は
変わりませんが、変わったのは社長自身の意識
でした。社員を責める心が縮小し、とことん
信じ抜こうと思えるようになったのです。

======= ここまで =======

我社も、職場朝礼を始めて6~7年程になる
でしょうか。始める前は、私自身億劫に感じて
いましたが、ここからスタートという朝の
けじめを付けたくて、億劫な気持ちを押し込めて
始めました。最初はただそれだけの気持ちで
始めた朝礼ですが、やっていく内に色々と欲が
出てきて、少しずつ内容が変わっていき、【詳し
くはこのブログでも随時紹介させて頂いています
ので、また時間のある時にでも読んで頂ければ、
幸いです。】今では、朝礼から始まる朝の40分
(朝礼10分、環境整備30分)が、社業の中で
最も大切な時間となっています。成長の為には
変化の積み重ねが大切です。朝礼の場は、その
変化の為の教育のスタートの場として、非常に
有効です。

職場朝礼を行っていない方は、是非一度チャレンジ
してみて下さい。きっと、何かが掴めるはずです。
では、また。・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「改善」
耳が痛い情報が入るか、外へ出かけていくと
始まる。1.問題点は何か。2.その原因は
何か。3.解決策は何か。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ