新規開拓は計画的・組織的に・・

2014.12.20 (土)

新規開拓は、企業にとって重要な
経営課題です。売上不振になると、

不振で落ち込むビジネスマン
上司から、「新規開拓をやれ!」
と号令がかかるので、不承不承な
がら形だけでもつけようかといった、
小細工では成功しません。

新規開拓は会社をあげて取り組ま
なければならない。新規開拓を行う
ことで、企業の大切な財産である
得意先が増えることになります。

単に、売上が足りないから新規開拓
を行うというような問題ではない。
そこには、企業の戦略が求められます。
「よい企業にはよい得意先がつき、
悪い企業には悪い得意先がつく」と
いわれますが、新規開拓を行いながら
魅力のある企業づくりを進めなければ
なりません。また、「価格で取った
得意先は、価格で取り返される」ので、
商品価格を下げて新規開拓を行うことは
邪道であって好ましくありません。

新規開拓を真剣に行うなら、企業の経営陣
も乗り出す方が良いでしょう。経営陣が
真剣に取り組めば、幹部も真剣にならざる
を得ない。そうすれば、営業担当者もやら
ざるを得なくなる。新規開拓は、全社的に
計画的・継続的に行えば必ずうまくいく。
大切なのは、全社の力を結集させて外へ
向けることです。 では、また。・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「学習」
経験の積み重ねによる変化です。同じテーマ
を少しずつレベルを上げながら繰り返し行う
ことです。1度目と2度目では差が出る。
1日目・・・1、2、3、4、5
2日目・・・2、3、4、5、6
3日目・・・3、4、5、6、7
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ