自己認識力

2014.12.26 (金)

「自分がどういう人間か」を理解することは、
とても大事です。社長であれ、社員であれ、
「何が得意で、何が苦手か」「何が好きで、何が
嫌いか」「どのような仕事をして、どのような人生
を送りたいと思っているのか」を理解している人
ほど、納得した人生を歩んでいるように思います。

mini1405218210

自分の長所や短所、向き不向きを認識する力の事を
自己認識力といいますが、これに長けた人は、自分の
苦手な分野は何か。これまでの方法に間違いはないか。
自分には何が足りないのか、どうすれば目標に到達
出来るのか。という現状分析(自己分析)をキッチリ
と行い、ゴールから逆算して計画を見直すという事を
自然に行います。

失敗を振り返ることや、自分の適性を客観的に考える
ということをしない人(出来ない人)は、結果として
「無駄な努力」をしているに過ぎないということが
多いと思います。何故なら、現状と目標、仮説と結果
の「差」を的確に理解して、その「差」を埋める為の
方策を練り上げるといったことが出来ていないからです。
自己認識力がない人は、「何故、上手くいかないのか」
「どうすれば、出来るようになるのか」を分析する力
が弱い。だから成長のスピードが遅くなってしまうのです。

現状分析をキッチリと行う為にも、まずは自己認識力を
磨きましょう。  では、また。・・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・「価格交渉」
その場では応じない。「帰ってから上司と相談
します」と言って、引き上げる。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ