変える

2015.1.6 (火)

新たな年を迎え、皆様も色々と考えられた
事と思います。私も色々考えました。

Exif_JPEG_PICTURE

会社についてはやはり、去年よりもっと
「強い体質の会社」へと変える事、そして、
お客様から「信頼される会社」へと変える
事を年頭に誓いました。

会社を変えるとは、どういうことか。それは、
取引先に、「あの会社は(よい方向に)変わ
った。安心して取引できる」と思わせること
です。さらに「ぜひともあの会社と取引したい」
と思って頂くことです。

ちょっと、逆の立場で考えてみましょう。

自社の取引先をいくつか思い浮かべてみると、
その中には「あの会社とは今後も取引を拡大
していきたい」と思う会社もあれば、「できれ
ばもう付き合いたくない」と思う会社もあります。

両社の違いはどこにあるのか、取引先の視点で
考ええてみます。

・取引上の約束をきちんと守るか、守らないか
・社長や社員の態度はどうか
・他の取引先にはないメリットがあるか

さまざまな取り組みを行ったとしても、それが
取引先にきちんと伝わっていなければ、相手は
「あの会社は変わった」とは感じてくれません。
変わったことをきちんと伝えることも非常に
大切なことなのです。

アピールするためには、「弊社はお客様のために
このように変わりました。その結果、社員一人
ひとりの行動もこのように改めました」といった
文面をウェブサイトや会社案内に載せたり、主要な
取引先に書状を送るといった施策も有効ですね。
「自社を変える」という社内改革そのものだけでなく、
変わったことをきちんと伝えることも非常に大切です。

因みに我社では、アピールの方法のひとつとして、
年間に4日、AM・PMに各1社様を弊社の工場
見学に御招待するという取り組みをしています。
お陰様で、結構ご好評頂いております。

皆様も、頑張ってアピールして下さい。
では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・「価格決定」
お客様への価格提示は、受注時にきちんとし
ておく。そうしないと、お客様と今後の取引
のトラブルの原因、社内では集金違算の原因
(違算調査は無駄な時間)、値引き(価格の
後決めはお客様の方が強い立場となる)の
原因になる。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ