1%

2015.1.10 (土)

昨日の投稿の続きになりますが、
「真似る」と「素直さ」が大切だという
お話について、あるプロ野球の監督さん
も同じようなことを言っておられます。

photo164611

「伸びる選手は言われたことを素直に
実行する」です。

今までにも言い尽くされてきましたが、
「真似る」と「素直」を根気よく継続実行
する人は100人中1人・・・1%
と、言われています。 言い換えると、
「素直」に「真似る」を継続実行した人は
100人に1人ということです。
これが、100人中10人であれば成功の
確率は低くなりますが、どの時代であっても
この1%は普遍のようです。

現在の厳しい環境の中で生き残り勝ち残って
いくためには、競合他社と同じことを
していてはダメです。他社との徹底した差別化
をアピールし、お客様から支持されることです。
そのためには、常に顧客視点に立った施策を
講じていくことが大切です。私達が売っている
のは商品というモノではありません。お客様の
抱える悩み・問題の解決策を販売しているのです。
その解決の手段として私達の商品・サービスが
あることを忘れてはいけません。

どんな事業であっても「基本」は変わりません。
我流や場当たりなやり方からは何も生まれません。
大切なことは「仕組みづくり」です。
素直に真似ることから始めましょう。
そして、やり続けた結果の先には成功という
大きな果実が実っていることを信じてください。
なぜなら、「人生は自分が思ったとおりにしか
ならない」からです。

では、また。・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「学歴」
学校を卒業した履歴のことではありません。
どの分野のどの学問を勉強してきたかという
歴史のことです。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ