企業の戦い

2015.1.15 (木)

我々会社人が業績を上げるということは、
ライバル会社との戦いに勝っていく、

middle_1260084421
ということです。昨日の本稿で書いた様に、
ライバルよりも多く、お客様との接点を
持つことで、勝つことが出来るという様
なことです。 しかし、この事を意識
していない営業マンや会社は案外と多い
ように思います。

我社のような中小・零細企業では、小規模
企業であるがゆえに戦力を分散して持って
おくことができません。ライバルとの戦いは、
総力戦になります。このときに大切になるの
は、いかに社員の価値観統一ができているか
です。 右を向いている社員がいるかと思え
ば左を向いている社員もいる、社内がそうい
う状態では勝ちは到底おぼつきません。

万が一にもライバルとの戦いに負けることが
あれば、それは他ならぬ社員自身にとっても
不幸です。業績が下がれば給与・賞与も下が
りますし、最悪倒産すれば路頭に迷うことに
なるからです。であれば、画一的となじられ
ようが、軍隊のようだとそしられようが、
社員の価値観を統一して強い組織にしておか
ない法は無いでしょう。

黙っていてもお客様が集まって下さっていた
時代はとっくの昔に過ぎ去りました。少子高
齢化が進む昨今では、新規のお客様はライバル
から奪ってこざるを得ません。逆にいうと、
社員の価値観を統一して強い組織にし、ライ
バルを圧倒することが、社長や管理職に課せ
られた最大のミッションです。

社員の自主性を認めるのは、社員本人にとっては
居心地のいいことでしょう。「〇〇さんの下だと
働きやすいぞ」と管理者の人気も高まるでしょう。
しかしそれは長続きはしません。「社員の自主性
を認める」とは「ライバルとの戦いを放棄する」
ということにほぼ等しく、それでは社員はいつ
までも勝利の美酒を味わうことが出来ないからです。
当然、社員は遠からず仕事へのモチベーションも
失うことになります。管理者の「温情」は、むしろ
裏目に出ることになるのです。

我社では、社員の価値観を統一する為に、毎朝
30分間、環境整備という活動に取り組んでいます。
また、朝礼の中で会社の方針を繰り返し唱和する
ということも行っています。皆さんも、あらゆる
手段を用いて、どうか強い会社を作り上げて下さい。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「肩書き」
クレーム処理に必要です。ヒラ社員が行って
も解決しない。職責上位の人が行けば早く
解決する。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ