現場

2015.1.23 (金)

刑事もののTVドラマ等を見ていると、よく
「現場100回」というセリフを耳にします。

imgdf08cad7zik3zj

捜査のため会議室でいくら
頭を悩ませていたところで、何も新しい
発見は得られない。それよりも、何度も
現場に足を運ぶことで、小さな手がかり
を見つけたり、事件の鍵に気づいたり
することがある。ベテランの刑事ほど、
現場主義を貫いているように思います。

ビジネスの世界でも同様に、「すべての
答えは現場にある」と言えると思います。
「現場に出向き、現場の声を拾う」こと
でしか、ビジネスのヒントは見つからない
と言っても過言ではないでしょう。

どんな仕事でも、どんな役職でも、やはり
「現地、現物、現場」に意識を向けるべき
です。いいえ、ともすればこういったこと
に対する意識が薄くなりがちな上職者程、
現場を正しく知る必要があるのです。

自社をよくする情報は、自社には存在しま
せん。したがって、社長を含む幹部達は、
積極的に外へ出ることです。現場に出て、
自分の目と耳を使って見えてくるものこそ、
自社にとって本当に必要な情報なのです。

現場に出向くことは、事実を突きつけられ
ることであり、自分の甘さを指摘されて
いるようで怖いものです。しかし、それだ
からこそ、現場に行くべきなのです。
会社のルールや方針が反映されているか
どうかは、自分の目で確認しないとわかり
ません。 今年からは、私も出かけようと
思います。  では、また。・・・・

=================
本日の言葉の定義・・・・「価値」
2500円の花を二つ合わせたら、
5000円の価値になるのではなく、
2500円です。価格が5000円
になったのです。
=================

サブコンテンツ

このページの先頭へ