火をつける

2015.1.29 (木)

80:20の法則「パレートの法則」は
御存知の皆さんが多いことでしょう。

sign

「売上の8割は全顧客の上位2割が占める。」
「全所得の8割は、人口の2割の富裕層が持つ」
etc・・・・・

他にも様々な解釈がなされていますが、
モチベーションについても、この法則が
成立するように思います。 つまり、
「全社員の心に火をつけなくても、2割
の社員の心に火をつければ、炎はどんどん
と大きく広がり、やがては全社員に火が
つく」と考えているのです。

大体の組織において、幹部の占める割合
は、2割前後位の場合が多いと思います。
ということは、幹部社員に火をつけること
ができれば、自然と全体に炎がまわり、
大きな熱の塊となれるということになります。

そして、こう考えるならば、幹部社員の
人選がとても大事だということが、よく
わかります。年功に捕らわれてもいけませんし、
個人能力が高くても一匹狼的な人もダメ。
年齢に関係なく、熱い気持ちを持って、
率先して物事に取り組める人物、周囲に
対して影響を与える人物でなければなりません。
そしてトップは、幹部社員の人心掌握に
最も心を砕かなくてはならないのです。
ここがしっかりと出来ていれば、結束力
のある強い組織が作れることでしょう。

では、また。・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・「紙に書く」
他人に言われたくらいでは人は動きません。
言ったのにやらないというのは言い訳です。
他人に言われて動くのはイヤなものです。
紙に書いてあげれば人はやるものです。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ