目標設定

2015.2.6 (金)

皆さんもこれまでに数々の「目標」を設定して、
それを達成する為に努力してきたことでしょう。

1182-1274263392

そして、目標を達成できたものもあれば、達成
できなかったものもあるはずです。達成できな
かった目標の中には、「そもそも全くモチベー
ションが上がらなくて(保てなくて)ほとんど
何もできなかった・・・」というものが多いの
ではないでしょうか。

こうした場合、「なんとかしてモチベーション
を上げなければ」と躍起になったり、「目標を
立てても全くやる気が出ない自分はなんてダメ
なんだ」と、自分を責めたりしてしまった事が
あったであろうと思います。

こうしたことを繰り返していると「自分は目標
を決めても達成できないダメな人間だ」という
レッテルを自らに貼ってしまう危険性ありです。
そうなると、何事に対しても「どうせダメだ」
という諦めの姿勢で臨むようになってしまい、
モチベーションも上がらず結果も出ないという
悪循環に陥るようになってしまいます。

目標を決めてもモチベーションが上がらないの
は、自分自身に問題があるわけではありません。
問題は、そもそもの目標設定の仕方が間違って
いたことにあるのです。

では、正しい目標設定の仕方とはどういうもの
かというと、それは、目標が具体的であること
です。そして具体的とは、内容が明確で、期限
があることです。 例えば、ダイエットを題材
にした場合、「今年はダイエットを頑張ろう」
はダメ(間違った)目標設定の仕方です。この
目標では大抵の場合、失敗に終わります。正し
くは、「半年間で、15kg 減らす」です。

前者の場合、何をどのくらい頑張れば良いのか
分かりません。ただ漠然とちょっと運動してみ
よう。とか、少し食べる量をひかえてみよう。
という行動になってしまいがちです。 後者の
場合は、ひと月で最低2.5kg 落とさなければ
ならないので、1日1500キロカロリー以内
の摂取にとどめよう。とか、毎日30分のウォ
ーキングをしよう。という具体的行動にならざ
るを得ませんから、行動の結果を検証し、修正
が必要なら修正を行っていくことで、目標達成
が見えてきます。

勿論、仕事も同様です。具体的数値目標を期限
をきって設定する事が大事です。そうすれば、
自ずと達成が見えてくるはずです。

では、また。・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・「頑固」
歳をとったということです。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ