主体性と責任

2015.2.10 (火)

寒い日が続きます。風邪をひいたり、
インフルエンザに掛ったりと、体調
を崩す人が多いです。体調不良では
充分な仕事は出来ません。周囲に対
して冷えに注意を呼びかけましょう。

size_605_30c

さて、日本人の国民性なのか気質と
いうのか、アンケートに「A・B・
どちらでもいい」の三者択一の設問
があると「どちらでもいい」と答え
る人が一番多いそうです。「上・中
・下」なら、「中」です。

自分の経験則でもやはり同様の事が
多いように思います。自分で言うの
もなんですが、何とも頼りないです
ね。この様な回答が多くなるのには、
その意識の裏に自己防衛本能が働い
ているからです。

AかBか、良いか悪いか、これらを
明確に選択する。その結果、いくら
かの負担がかかることもあるかもし
れません。しかし、そこから逃げず
に背負うことが大切なのではないで
しょうか。仮にその選択が間違って
いたとしても、「私はここにいる、
これが私だ」と自分の意見と立場を
鮮明に出来たのですから、何も後悔
することは無いはずです。

曖昧で、臆病で、偏狭な自分を捨て、
何事においても、責任ある主体にな
ることを目指したいものです。

では、また。・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「感謝しない人」
人生を文句ばっかり言って生活する。狭い
範囲で生活していて、外部からの情報・刺激
が少ない。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ