キャンペーン

2015.2.14 (土)

本日はバレンタインデー。このブログを
読んで頂いている諸兄様はさぞかし沢山
のチョコレートを頂けるのでしょうね。
羨ましい限りです。(私は、娘はおろか
嫁さんからも怪しいです。泣)

suzuki_150206_01

さて、バレンタインデーというものです
が、これはもともとカトリックの聖職者
ウァレンティヌスの殉教日にちなんだも
ので、チョコレートとは全くなんの関係
もありません(欧米ではカードや花を贈
るのが一般的なようです)。では日本で
はどうして現在のような形になったか。
諸説ありますが、M製菓さんが積極的な
キャンペーンを実施したからだそうです。

翌3月にはバレンタインデーの対となる
行事「ホワイトデー」がありますが、ど
うして「ホワイト」なのかというと、製
菓業界が二匹目のドジョウを狙って「バ
レンタインデーのお返しには白いマシュ
マロを」というキャンペーンを張ったか
らです。チョコレートといえば「黒」で
すから、その逆を連想したのかもしれま
せん。

余談ですが、最近では「ホワイトデーの
返礼は三倍返し」というキャンペーンが
少しずつ浸透しつつあるようです。まっ
たく恐ろしい・・・いや感心すべきこと
です。どこのどなたが「三倍返し」とい
うキャンペーンを張ったのかは知りませ
んが、そういう貪欲さは見習うべきです。

あまり意識している人は少ないと思いま
すが、当初は一企業・一業界のキャンペ
ーンに過であったものが、やがて「常識
「習慣」になった例は世に枚挙のいとま
がありません。

わざわざ梅雨時の6月を選んで結婚式を
挙げるのも、その婚約指輪が給料の3ヶ
月分であることもブライダル業界のキャ
ンペーンの成果です。成人式や卒業式で
振り袖を着る女性が多いのは美容・ファ
ッション業界のキャンペーンの賜物です。
土用丑の日に鰻を食べる習慣になったの
は、夏場は暑くて鰻が売れないからで、
日本で最初のキャンペーンを平賀源内が
行いました。

売上が伸びない、注文が入らないと嘆く
前に、売れる仕組みを作る為、キャンペ
ーンを行ったり、チラシを撒いたりと、
将来の売上の為に撒ける種はいろいろと
あるはずです。出来る努力は惜しむべき
ではありません。 では、また。・・・

==================
本日の言葉の定義・・・・「 感動 」
人の倍のことをした時に起こる。人並み
では感動は起こらない。どうせやるなら
今日1日を明るく、全力をあげてやろう。
==================

サブコンテンツ

このページの先頭へ