反省

2015.2.20 (金)

「反省だけなら猿にも出来る。」

2010032500271230a

昔流行ったフレーズです。 反省とは、
一般的には自分がしてきた行動や発言に
関して振り返り、それについて何らかの
評価を下すということです。では、いっ
たい何の為に反省するのか?

それは、変わる(変える)ためです。過
去を振り返ると、当時の自分に欠けてい
たものや、もっと力を注ぐべきだったも
の、選択の誤りなどを正しく判断出来ま
す。判断出来れば当然、この先どうして
いくべきかが明確になります。つまり、
過去のダメだった自分に気付き、それを
改めて新しい自分に変わることが出来る
ようになる。これが大事なのです。

ダメな自分を悔い改め、良い方向へと自
分を変える具体的行動に移す。ここまで
出来てはじめて本当の反省と言えるのだ
と思います。 「反省だけなら猿にも出
来る。」というフレーズは、過去の自分
へのダメ出し(ここが悪かった・もっと
こうしておけば良かった と思う事)だ
けなら、誰でもする。それこそ猿にも出
来る。大事なのはそこから変わる(改善
する)ことなのです。という発信であっ
たのだと私は思います。

反省に限ったことではありませんが、ど
のような事柄でも、「気付き」は大切で
すし、「気付き」から全てが始まるので
すから、気付かなければ話になりません。
しかし、その後の行動(変化)が伴わな
ければ、「気付かなかった」ことと同じ
です。「気付き」と「変化」を連動させ
ましょう。  では、また。・・・・

==================
本日の言葉の定義・・・・「感銘」
人から聞いた話より、その人が実体験し
た失敗・挫折・成功の方が感銘を受ける。
感性の鈍い人は感動しない。
==================

サブコンテンツ

このページの先頭へ