健体

2015.2.24 (火)

昨日、健康について書きました。本日は
それを受けて「健体」について少々・・

zukan_sokunetsu

「社長」というものは会社そのものであ
り、お客様、社員、業者さん、・・etc
たくさんの人に対して責任があります。
したがって、社長の仕事の中でも大切な
ものの中に、「自分の健康を維持する」
というものが有ります。

表題の健体とは、健康な体を維持する事。
この健体がいかに重要であるかを理解さ
れている方は結構多く居られます。にも
かかわらず、案外この健体という事は、
おろそかにされやすいものなのです。

健体の基本はズバリ、「頭寒足熱」にあ
ります。しかし、現代社会では、真逆の
「頭熱足寒(=冷え)」になりやくなっ
ています。 例えばエアコン。暖かい空
気が上に行き、冷たい空気が下に行きま
すので、足元が冷えます。また、服装も
しかりです。男性の場合、スーツを着る
と上下で着ている枚数が異なります。上
は下着の上にYシャツ、そしてジャケッ
トの計3枚が一般的です。下は、大部分
の人がズボン1枚です。見事に「頭熱足
寒(=冷え)」状態ですね。

このような習慣を繰り返していると、体
に冷えが溜まっていきます。ですから、
意識して足元と体の内側を温めなければ
いけません。冷え対策として有名なのは、
半身浴ですが、あまりにも有名なので、
説明は致しません。それ以外にお勧めし
たいのは、重ね履きです。私は、冬場は
ズボン下を2~3枚、そして靴下も2~
3枚重ねて履くようにしています。そう
する事で、「頭寒足熱」状態を作り上げ
ているのです。(4~5枚重ね履きする
という強者も、知っています。 笑)

併せて、体の中も冷やさない事が大切で
す。冷たく冷やした飲み物や食べ物は極
力避け、常温以上のものを摂取するよう
に心掛けると良いでしょう。

冷えを遠ざけ、健体を維持しましょう。
では、また。・・・・

==================
本日の言葉の定義・・・「管理」
よい状態を維持・継続することです。日
常の繰り返し仕事のコントロール。終了
の時間を決めることです。管理はなるべ
く簡単にし、標準化されなければならな
い。最低限の管理、管理しないで済むこ
とが一番よい。
==================

サブコンテンツ

このページの先頭へ