失敗の必要性

2015.3.4 (水)

本日はカジュアル衣料の製造販売で有名
な「ユニクロ」を中心とした企業「ファ
ーストリテイリング」の代表取締役会長
兼社長を務める実業家「柳井正」の名言
のひとつを紹介します。

1882f9b6ce8a28e33b08db61170c8e6c

====== ここから ======

商売とは
成功したと思った時点で、
ダメになります。

成功はマンネリ、保守化、形式化、
慢心を生むからです。

だから企業の存続発展のためには、
小さい失敗を
どんどんすべきだと思います。

致命的な失敗をする前に、
ちいさい失敗を何回もして、
それを財産にとらえて次に生かすのです。

失敗して、転んで、起き上がる。
その繰り返しの中で
学んでいかなければいけない。

最悪なのは
失敗を恐れて立ち止まったり、
ためらって何もしないことです。

====== ここまで ======

柳井氏に限らず、成功者の多くは失敗
必要性、重要性を説きます。人が何か新
しいことに挑戦した時、最初から成功す
る、完璧に出来るということはまずあり
ません。思い出してみて下さい。お箸を
使う、逆上がりをする、自転車に乗る、
何一つ最初から上手に出来た事は無いは
ずです。つまめなくて突き刺す、手の豆
を潰す、転んで膝を擦りむく、といった
失敗を何度も繰り返してようやく出来る
ようになったでしょう。

ビジネスの世界も同じです。明確な目標
を立て、それに向かって具体的なアクシ
ョンをどんどん起こしていくことが大事
です。失敗するのは当たり前なのです。
失敗したら、何故失敗したかを追及、改
善し、再度挑戦すればいいのです。何度
も繰り返せば大抵の事は成功します。勿
論、個人のスキルも同様。人とは、失敗
を繰り返す事でしか成長出来ない生き物
です。どんどん新しいことに挑戦し、ど
んどん失敗しましょう。 では、また。

==================
本日の言葉の定義・・・・「企画」
競争に勝つ根源です。よい企画を生み出
すには、お客様をよく観察すること、お
客様が次に何を欲しいと思っているかを
よく考え、予測することに尽きる。
==================

サブコンテンツ

このページの先頭へ