朝焼け

2013.8.28(水)

先日、目覚めたら妙に窓が赤く光っていたので

表に出てみると、本当に久しぶりに朝焼けを

見る事が出来ました。

IMAG0335_BURST002

小雨が降り、薄雲が広がった空だったので、

「凄く綺麗」 とは感じませんでしたが、

何とも幻想的な雰囲気を醸し出していました。

朝焼けとは、日の出の時に、太陽が地平線下6°位に

近づく時から、東の空で雲が赤く輝く現象の事を言い、

そのメカニズムは地平線の方向にある大気中の細塵

によって短い波長の青い光が散乱し、主として赤色光

が目に入ることによる。   

 

という風に解説してしまうと味もそっけも無くなるが、

人の目で見、その人の心のフィルターを通せば、

時に美しく、時に幻想的で、または悲しくもあり、

切なくもある。 人の心とは何と不思議で素晴らしい

のでしょうか? 昨今、無関心・無感動な人が

増えている様ですが、 私自身は幾つになっても、

美しいもの、綺麗なものを素直に良いと感じる事が

出来る人で有り続けたい。 又そう言った人達と

関わり合って生きて行きたいと思う今日この頃です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ