スペシャリストはいらない。

2015.3.18 (水)

日本では職人的なものに対する尊敬の念
が強く、ともすれば「苦節〇〇年」とか
「〇〇一筋」みたいな話が喜ばれます。

n-top1

私はそれを否定する者ではありませんし、
高度な専門性が必要とされる職場がある
ことも承知しています。しかし、それは
少数の例外です。身も蓋もないことを書
いてしまえば、スペシャリストは大部分
の中堅・中小企業には不要な存在です。

高度な技能と知識を備えた専門家を育て
てはいけない。技術も知識も普通でいい
から、組織内のあらゆる業務を概ねそつ
なく、まんべんなくこなせるそこそこの
人、ちょっと格好よくいうならば「中庸
の人」つまり、オールラウンダーを育て
ることが肝要なのです。

スペシャリストは、確かに仕事もできる
し、相応の売り上げも作ってくる。だか
らつい彼の増長を大目に見てしまう・・
そうなれば、目先のわずかな数字と引き
換えに、将来に大きな禍根を残すリスク
を背負い込むこととなるのです。

この場合のリスクには、主に次のような
ものが挙げられます。

1.周囲の人間がやる気をなくす。
【大目に見るということは、他の社員か
ら見れば、贔屓されている。という事に
なります。人は、説明されていないこと
・納得のいっていないことが目の前で行
なわれていると、大きなストレスを感じ
るものです。】

2.不正がはびこる。
【スペシャリストの存在を許すというこ
とは、彼にはひとつの仕事ばかりをずっ
とやらせるということに当然なります。
人材の流動が滞れば、組織がよどみます。
「社員の不正」は、往々にしてこのよど
みから発生します。】

3.組織がもろくなる。
【スペシャリストに仕事を任せれば、一
時的には各種数字も上向くでしょう。し
かし特定の個人の、抜きんでた資質に依
存する経営は危険きわまりなく、長期的
視点で見ればスペシャリストを選択する
積極的な意義はありません。単純な話、
もしその人が辞めたらどうなりますか。
売り上げが落ちるのは当然として、下手
をすれば会社まで道連れになります。】

専門家を求めるリスクはまだ他にもあり
ますが、大切なのは、「この仕事はこの
人でなくては駄目」という状況をつくら
ないことです。その上で、業務の徹底し
た標準化・マニュアル化をはかり、「い
つ・誰が辞めても困らない」状態にして
おくことです。

では、また。・・・・

==================
本日の言葉の定義・・・・「規制」
人間をダメにする。コストがアップする。
スピードが落ちる。抜け道を探し始める。
そのために、思ってもみなかった事態が
起きる。
==================

サブコンテンツ

このページの先頭へ