趨勢(すうせい)する

2015.4.2 (木)

c93eaac889c3613eafe8999c5085e891

人は元来、保守的な生き物です。習慣も
変えたくなければ、自分も変わりたくあ
りません。 ではそこで考えてみて下さ
い。「気がかりな現状」をそのまま放置
していたら未来はどういう状態になるで
しょうか。 このように考えることを「
趨勢」と言います。

趨勢をすると、多くの人が「〇〇がダメ
だ」と過去や現在を否定したり、後悔し
たりする発言が増えてきます。でもそれ
では暗くなるだけで効果はありません。
それを防ぐ為、言葉尻を「~かねない」
に固定して想像すると良いでしょう。
健全な脳で思考できます。

「赤字になりかねない」「店舗が閉鎖し
かねない」「倒産しかねない」という風
にです。そうすれば自ずと「変わりたい
!」「変わらなければ・・!」という思
いが湧いてくるはずです。自分で考え、
危機を自覚し、仲間と危機感を共有する
ことで、脳が活性化します。怖い顔をし
て「ダメじゃないか」「どうするんだ」
と100万回怒鳴るより、趨勢させた方
が遥かに効果的です。

趨勢をしたら、今度はその最悪の未来に
なりかねない「現状の要因」を挙げてい
きます。そのときに今度は主語も指定し
ます。「自分が~だから」です。「お客
様が~」「景気が~」「政治が~」など
と他人のせいにするのでは無く、「自分
が〇〇することで、改善する」「自分が
変わることで、打破できる」と考えます。

過去と他人は変えられません。変えるこ
とが出来るのは、未来と自分です。趨勢
を繰り返し、「自分が~だから」と言葉
にしていけば、要因を他人のせいにしな
い思考法が身につくでしょう。

では、また。・・・

==================
本日の言葉の定義・・・・「厳しい」
言い訳をしない人です。自分のことを正
当化せず、己には厳しく、他人には寛大
に。
==================

サブコンテンツ

このページの先頭へ