正しい努力、正しくない努力

2015.4.6 (月)

「わたしも社員も一生懸命努力している
のに、なかなか業績が伸びない」と嘆く
社長がいます。どうして業績が伸びない
のでしょうか?

Sad businessman

理由は簡単です。間違った方向に努力し
ているからです。

社員が努力しているのは確かでしょう。
しかし当節はだれだって努力している。
お客様視点に立たずに「努力している」
だけでは他社に抜きん出ることは出来ま
せん。「 業績が伸びるように 」正しく
努力することが大切です。

業績が伸びない会社には共通するいくつ
かの特徴があります。一つは、経営計画
書を作らず、行き当たりばったりの経営
をしている。経営計画書は立派な会社を
作る道具で、社長の方針を示したもので
す。方針がなければ社内のリソースは分
散する。これではいくら努力しても業績
が伸びないのは当然です。

というと「 経営計画書をどう作ったら
いいのか分からない 」との声が聞こえて
きます。しかしそれは、「 経営計画書 」
と聞くだけでご大層なものと思い込み、
身構えてしまうからです。

経営計画書を作成するコツ、それは「適当
に作る」「いいかげんで構わないから早く
作る」です。こうなったらいいな、こうで
ありたいと夢を書き込むでもよし、または
「これならできそうだ」という簡単なこと
を書き込むでもよしです。それでも社長が
方針を示して社員が実行すれば、会社は確
実に良い方向へと変わっていきます。

経営計画書に記した内容は、達成すること
が目的ではありません。むしろ積極的に差
を出すことが大切です。たとえば100と
いう目標を設定して80しか達成できなか
った。20の差は社長とお客様の要求の食
い違いであり、それを翌年にこの20を埋
める「次の一手」を決めることができる。
この繰り返しで会社は強くなるのです。

ここに記したのは、株式会社武蔵野の小山
昇社長の教えです。私も真似て「 経営計画
書 」を作成して2期目の活動中です。ぼち
ぼち3期目の原案作成にかからなければいけ
ない頃合いです。 未だ作成されたことのな
い社長様は、是非一度作成してみませんか?

では、また。・・・・

==================
本日の言葉の定義・・・・「逆算」
経営は常に逆算です。到達目標地点から
現在を見つめて、今何をすべきかを計算
する方法です。過去計算ではなく、未来
計算が正しい。
==================

サブコンテンツ

このページの先頭へ