悩める人々への銘

2015.4.16(木) 何年か前にネット検索で

見つけた、140年も前に南北戦争に従軍した南軍の

兵士が作ったものと言われている、ニューヨーク大学

の壁に掲げられた「無名の詩」を紹介します。

4966b1579ff54d081a8b738201ec5d5a

======== ここから =========

大きなことを成し遂げるために
強さを与えてほしいと神に求めたのに
謙遜を学ぶようにと
弱さを授かった

偉大なことができるようにと
健康を求めたのに
よりよきことをするようにと
病気を賜った

幸せになろうとして
富を求めたのに
賢明であるようにと
貧困を授かった

世の人々の称賛を得ようとして
力と成功を求めたのに
得意にならないようにと
失敗を授かった

人生を楽しむために
あらゆるものを求めたのに
あらゆるものをいつくしむために
人生を授かった

求めたものは一つとして
与えられなかったが
願いはすべて 聞き届けられた
私はもっとも豊かに祝福されたのだ

======== ここまで =========

作者は、弱さ・病気・貧困・失敗などのマイナスな状況

に置かれるたびに、自分が求めていたことよりも、もっ

と大きく大切な「今」、大切なことに気付いたのだと思

います。仕事においても、失敗した回数が多い程、成

功したときの喜びが大きかったり、失敗の中から、別の

何かに気付いたりすることもあります。

ネガティブな状況になっても、悲観的にならず、ポジテ

ィブに物事を考えていけるようになりたいものですね。

では、また。・・・・・

=========================
本日の言葉の定義・・・・・・・・・「給料 2 」
社長から貰うのではありません。お客様が支払って下さ
るものです。全員が努力して粗利益を上げ、その分配と
して獲得するものです。
=========================

サブコンテンツ

このページの先頭へ