顧客が求める価値を提供

2015.4.22(水)日本製のテレビは間違いなく

高品質・多機能・高性能です。しかし、儲かっていない

のが実情なのです。

sharp_847_610x474

これは家電に限ったことではなく、多くの業界で「高性

能、多機能だけど低収益」、あるいは「高品質なのに低

収益」という日本の商品・サービスをよく見かけます。

高い性能や品質が「高収益」につながっていないのです。

ここで言えることは、企業が提供している高性能・多機

能・高品質に対して、顧客が価値を感じていないという

ことです。「多くのお客さまの要望に応えよう」「ライ

バルにあって自社にない機能だから追加しよう」などの

考えで、開発や機能の追加が行われているのです。

 

ここで起こる最悪のシナリオは同質化です。“違っている

こと”をしているようで、じつは同じコトを提供してしま

うのです。 顧客が望まない強みは、どれほどさまざまな

スペックを付け加えても差別化になり得ないのです。

したがって、自社にはなく、ライバルが提供している価値

であっても、顧客が望まないものは捨てることが大事です。

やるべきことは、顧客が自社を選んでくれる理由を明確にし、

それを磨くことなのです。

では、また。・・・・・

=========================
本日の言葉の定義・・・・・・・・・・「教育 1 」
知識を教えるだけの教育は無意味です。1.言い続ける。
2.やり続ける。 3.粘り続ける。  そして行動が変
わり始める。
=========================

サブコンテンツ

このページの先頭へ