家庭でも整理・整頓・清掃

2015.4.30(木)本日は「職場の教養」

4月号より、29日(水)分の記事を紹介。

タイトル:充電の場

f721cee4

======= ここから =======

今朝の目覚めはいかがでしたか。今はどの

ような気分ですか。今日一日、どのようなこ

とを心がけて働きますか。昨日の疲れが残っ

ていたり、十分な睡眠による爽快感がなけれ

ば、朝から気分も沈みがちになってしまうで

しょう。

今日一日の働きを一段と活発化させるには、

家庭における充電が欠かせません。憩いの空

間で過ごす心の安らぎ、しっかりとした睡眠

による精神の安定は、なくてはならない要素

でしょう。

気力体力を充実させるために、家庭におい

て大切なのは、住みよい環境づくりです。不

要なものは捨てる整理や整頓を心がけ、毎日

使う玄関や流し場、トイレ、風呂などは、清

潔さを保って、落ち着ける場を演出したいも

のです。

寝室やクローゼットに物が山積みになって

いては、安眠は望めません。ホコリだらけの

部屋では、食事や会話も進まないでしょう。

家庭で過ごす時間も、一日の働きの一環で

す。職場に来てからの準備ではなく、家庭で

の陰なる努力も、働きの質を高める大切な取

り組みです。

======= ここまで =======

ここでも整理・整頓・清掃の大切さが語られ

ています。正に私共の会社が一番力を入れて

いる「環境整備」という活動がこれにあたり

ます。職場でも、家庭でも、先ず「環境整備」

ありきなのです。なぜなら、人とは、良くも

悪くも周りの環境に慣れる生き物だからです。

良き仕事をしたければ、良き職場環境を整え

ること。良き暮らしがしたければ、良き家庭

環境を整えることです。これが必須です。

本日は4月の最終日です。5月のスタート

を気持ちよく切るためにも、デスク周り、身

の周りだけでも整理整頓してみませんか。

では、また。・・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「業績アップ」
数値を上げるには、現場の作業を変えること
です。データを活用して問題を発見する。
いらない仕事を捨てる。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ