今から、ここから、自分から

2015.5.13(水) 世の中には、絶対

に変えられないものが二つあります。

36515662_220x220

それは、過去と他人です。  しかし、変え

られるものも二つあります。それは、未来と

自分です。過去は変えられません。起きて

しまったことには手を着けられないのです。

ですから、何かを学んでも、そのことで過去

を反省しないで下さい。いくら悔いても今更

どうにもなりません。これから学んだことを実

践していけばいいだけです。

次に「他人」ですが、ここでいう他人とは、

自分以外の全ての人を指します。お客様に向

かって「〇〇社では買わないで下さい」とい

うお願いは出来ません。同様に、ライバルに

対して「〇〇様との取り引きをやめて下さい」

と言う事も出来ません。

話す相手が部下の場合、つい自分が教えて

変えるもの、変わるものと思いがちです。し

かし、その部下も、自分で自分を変えるしか

ないのです。 皆さん、変えられないものに

ついて思い悩んでいませんか?

過去と他人は変えられません、未来と自分

は変えられます。手を着けるべきは、ここな

のです。変えられないものを変えようとする

のは時間の無駄というものです。

未来は変えられます。皆さんは未来の〝ど

の地点〟を変えますか?、いつから変わりま

すか? 正解は明日でも今夜でもありません。

まさに今やってくる次の瞬間から変わる、そ

の決断こそが正しいと、私は思います。

今すぐがいい理由は二つあります。

一つ目は、周りが変わるからです。とにか

くライバルよりも先手、先手で変わっていか

なければ、置いていかれます。また、お客様

はライバル以上に速く変化します。お客様は

各社を比較検討して選択します。価格や品質、

サービスの変化に敏感です。

もう一つは、その方が楽だからです。極端

な話、変化を始めるのは明日でも3日後でも

構いません。3日間何もしなくても、当面、

会社はつぶれません。しかし、『どうしても

このタイミングで始めないと・・』というも

のが無いことに関しては、いつからにするの

か決め難いですし、後回しになりがちです。

すると、面倒になり、やらなくなります。

ですから、「今すぐ」にすればいいのです。

 

始めるタイミングは「今」「ここ」しかない。

変えることが出来るのは「自分」だけ。

「今から、ここから、自分から」変わって

いくのが正しいのです。

 

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 規律 」
決められたことを必ず守り、指示・命令され
たことは最後まで確実にやり遂げ、その結果
を報告すること。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ