理由を検証する

2015.5.21(木)昨日に引き続き、

失敗に関するお話を・・・

rip2

失敗は、しっかり噛みしめて成功への礎と

なります。嫌な出来事でもしっかり現実を直

視し、次のステージへの足場にしましょう。

売上目標を達成できないとき、「部下がき

ちんと動いてくれなかったからだ」と思って

ないでしょうか。そうではなく、その場合、

自身が部下をきちんと「動かせなかった」と

捉えるのが正しいのです。出した指示が曖昧

でなかったか、途中経過のチェックを怠って

いなかったか、そもそも計画の見通しが甘く

はなかったか。 自分の責任という前提で考

えれば、反省点はたくさん見つかるはずです。

こうして、失敗も、その理由を説明できるよ

うになるまで分析できれば、もはや失敗では

ありません。一歩前進です。

失敗には、挽回策がたくさん見つかります。

だから、真面目な人ほど、じっくり「何が悪

かったのか」「どうすればよかったのか」と

検証します。ところが、そこで見事に成功を

引き当てると「ああよかった」で終わってし

まう人が意外と多いように思います。

実は「なぜダメだったのか」より、「なぜ

上手くいったのか」という分析に、次なる成

功のヒントが多く隠されています。

まだまだ未熟な若手社員が急に新規契約を

取り始めた。このような場合、「うん、よく

頑張ったね」で終わらせてはダメ。実力が無

いのに売れるのは、何か理由があります。手

掛けている新商品に予想外のニーズがあった

のか、ライバル会社に何か異変があったのか。

その理由を把握出来れば、売上げを伸ばす方

法が見えてくるというものです。それを他の

社員、他の部署が真似をするという横展開に

つなげれば、業績は鰻上り、ボーナスアップ

です。  では、また。・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「具体的」
人が行動できるように説明したり、文章にす
ることです。量で表示し、量で指示する。
を問題にするのは後回しでよい。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ