言い続ける

2015.6.1(月)本日は言葉に関するお話。

大谷由里子sy1

以前にテレビか何かで見たのですが、人は、

自分が思っていることを人に伝えようとした

時、ほとんどの場合、実際に自分が思ってい

ること、伝えたいことの半分も伝えられてい

ない。言葉に出来ていないそうです。

そして、伝えられる側(聞き手)も、実は

そのまた半分位しか、理解出来ていないんだ

とか。・・・・

つまり、自分の思いや考えを相手に伝えよ

うと言葉にしても、1回話した位では相手に

伝わるのは、自分の思いの4分の1以下。ま

してや、記憶に留まるのは・・・・・

ですから、自分が本気で伝えたいと思うな

らば、2回や3回話した位ではとうてい伝わ

らないと理解しなくてはなりません。それこ

そ何十回、何百回と、あの人は又同じ事を言

っているよ。と、人から思われるまで言い続

けなければダメなのです。

上記のような考えから、私は社員の皆さん

に、私の考えや思いを伝える為、それを経営

計画書に記し、毎日の朝礼の中で全員で唱和

する様にしています。(短いセンテンスのも

のならば、諳んじている社員さんも多い位に

なってきました。)

企業が生き残り、進化発展を続けていく為

には変化が欠かせません。変化を諦めた時、

後は衰退の一途を辿り、倒産に至る事は何度

も話している通りです。しかし、その中にあ

っても、変わらないもの、変えてはいけない

ものが存在する事もまた、厳然たる事実です。

変わらない思い、貫き通す信念は、発信し

続けてこそ、組織における大きな指針と成り

得るのです。  では、また。・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 暗い人 」
自分でなんでも解決しようと思っている人で
す。自分の殻に閉じこもる。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ