飲食は人をゆるます

2015.6.12(金) 部下とのコミュニ

ケーションは、リーダーの永遠の課題。私は、

「社長と飲み会」と題して、4週間に1回、

121208top

社員4~5名とテーブルを囲みます。それは、

飲食をともにすることが、私と社員さんとの

距離を縮めるのに最も有効な手段だと考える

からです。では、なぜ「飲み会」なのか。

それは、「飲食は人をゆるます」からです

(逆に、断食は神経を研ぎ澄まします)。飲

食をともにすることによって、職場では聞け

ないこと、話せないことが出てきます。そう

いったコミュニケーションが、上司と部下の

関係を良くするのです。

リーダーの人達と話をすると、「部下が言

うことを聞かない」といった悩みがよく挙が

ります。人は理屈ではなく、感情で動く動物

です。部下が言うことを聞かない場合は、自

分が部下にどう思われているかを見直してみ

なければなりません。

人は、「何を言われるか」ではなく、「誰

に言われるか」が重要だと言われます。「仕

事なんだから、好き嫌いで決めるべきじゃな

い」とは、ごもっともな意見です。しかし、

上司の仕事は、部下を動かして成果を上げる

ことです。部下を動かすために、「この人の

言うことなら聞きたい」と思える人になるこ

と、そういう関係づくりに力を注いでみませ

んか。飲み会は、その助けになるはずです。

そんな関係が築けたら、飲みながら、部下

のほうから仕事の話をしてくるようになりま

す。上司が思っている以上に、部下は色々な

ことを感じ、「こうしたらいいのに」「こう

してほしい」と考えています。その意見をぶ

つけてもいい相手かどうか、見られているの

だと思います。

では、また。・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「クレーム報告」
伝わってこないクレームが会社を潰す。現場
からのスピード報告が基本。クレームが発生
したら、まずお客様にお詫びをしてから上司
に報告する。報告を受けた人が、さらに上司
と社長に報告する。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ