部下への指示

2015.6.15(月) 前回に引き続いた

お話になります。 部下に仕事の指示を出し

たのに、一向に手を付ける気配がないとイラ

イラする上司は少なくないかもしれません。

1406261116029

しかし、もし指示の中で明確な期限を示し

ていなかったのであれば、それは上司の責任

です。部下に指示を出すときには、「明日の

14時00分までにお願いします。」という

ように、明確な期限を設定しなければいけま

せん。そこまでしていても、放っておくと、

約束の期限が来ても何も報告してこない部下

がいます。部下とはそういうものです。

ですから、上司は部下に指示をしたら後は

部下にお任せでは、ダメということなのです。

指示を出したら、「あの件は何処まで進んで

るか」「この仕事はどうなったか」等と、そ

の進捗をチェックし、部下が正しく仕事をこ

なせるように導いてやる。それこそが上司の

お仕事です。

そうすると中には、進捗を尋ねてみると、

「終わりそうにありません」と言ってきたり

する部下が必ず居ます。部下がこうした状況

になってしまうのは、「会社に対して悪い報

告はしたくない」という心理が働いたり、そ

もそも部下自身に「時間の感覚が無い」から

です。

悪い報告をしたくないのは人として当たり

前の感覚であり、初めのうちはそれほど問題

視する必要はありません。人並みの責任感

あれば、上司や周りの姿などを見たり、経験

を積むうちに悪い報告こそ重要であることが

理解できてきて、勇気を振り絞って報告する

ようになってきます。

上司がすべきことは、ビジネスにおいては、

「結果として遅れてしまうこと」より、「事

前に遅れると分かっているのに報告しないこ

と」のほうが遥かに悪いということを、キッ

チリと教えることです。これを数回繰り返し

指導すれば、部下の態度は改善されます。

問題なのは、部下に「時間の感覚が無い」

場合のことですが、少々長くなりますので、

続きは次回にて。 では、また。・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 経験 」
実務の幅を広げることです。初めてのことは
最初は失敗するのが当然です。小さな失敗を
経験することです。失敗をしながら未経験の
分野を体験していくことです。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ