心を綺麗にする

2015.6.18(木) 本日は久しぶりに

「環境整備」のお話を致します。

133396923943113116366_DSC01622

我社では、毎日朝礼終了後の30分間を、

「環境整備」という活動(主に整理・整頓・

清掃)に充てています。「環境整備」の基本

は「掃除」です。中でもトイレ掃除はとても

重要です。

トイレは一般的に、「汚い・臭い・不潔」

というようなイメージが強い場所です。そう

いった場所が、ピカピカに清潔が守られてい

れば、それだけでとても気持ちがいいですね。

まして、自分達でその清潔を作り出したなら

ば、スッキリ、晴れ晴れした気持ちになれる

ことでしょう。

人間の心は、取り出して、洗って、綺麗に

することは出来ません。ですから、目に見え

るものを綺麗にすることを通じて、取り出せ

ない「心」を綺麗にするのです。これこそが、

「環境整備」の大目的です。

さらに、「見える物」の中でも、自分の手

は、もっとも身近で、もっとも分かりやすい

ものです。掃除によって汚れた自分の手を、

その都度洗って綺麗にすることで、取り出せ

ない自分の心が浄化されるのです。

この、地味な実践をコツコツと繰り返して

いく習慣整備で、人間は強くなり、「運」が

ついてきます。どうぞ、自宅や職場のトイレ

を磨くことを習慣づけて下さい。 きっと、

「運気」が上がることでしょう。

「環境整備」は、これを行った人々の心に

革命をもたらします。いかなる社員教育も、

どんな道徳教育も、足元にも及びません。

古来より、芸事でも、大工や左官でも、丁稚

小僧でも、修行の第一歩は常に「掃除」でし

た。昔の人は、この掃除がいかに重要である

かを、すなわち、これをしなければ人間形成

は出来ないことをよく知っていたのです。

それでは、本日も掃除に励みたいと思いま

す。  では、また。・・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 計画性 」
今日実行したことを、1週間後、1ヶ月後、
1年後のスケジュールにすることです。80
%以上は繰り返し仕事です。
====================

サブコンテンツ

このページの先頭へ