まだまだ掃除する所は山盛り

毎朝30分の時間を掛けて掃除をしているわけですが
日々、綺麗になっていく所を目にすると
ありがたい気持ちになる今日この頃です。

一方磨いて磨いても綺麗にならない、
というか綺麗になっているのだけれども
目に見えてその成果が分かりづらい、
という箇所もあります。

たとえば、トイレの中のタイル。

このようなタイルなんかは
「もうこれ以上綺麗にならない」
というくらい磨いてくれているわけですが、
なかなかその成果は分かりづらいものがあります。

そうなると、その部分の掃除をしている担当の人の
モチベーションを維持するのが非常に難しく、
「いくら磨いても一緒やん。」
みたいな雰囲気になりがちです。

そういった部分をいかにケアしていくか?
ここも大事なことかなと思いました。

営業の成績も初めに小さな成果でも掴む事で
そのモチベーションは持続されますし、
結果、大きな成果のも繋がっていくといった部分もあります。

これがいくら営業を掛けても成果が・・・
という状態になればそのモチベーションはいずれ低下し、
やがては営業が嫌いになるという
悪循環を引き起こすことにもなります。

よってまず考えるべきは
成果を出ることにフォーカスすることなのかもしれません。

先のこんな状態を目にしたら、
自分がこの掃除を手掛けたなら、
掃除もやりがいがあるというものです。

まずは一定のレベルまで引き上げるためにも
汚い部分を少しマシな状態することですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ