情報を取りに行く

2015.6.29(月) 多くのリーダーは、

「報告は部下から受けるもの」という考え方

をしています。しかし、それは間違いです。

自分から情報を取りにいかねばなりません。

north-korea-kim-jong-un-0329

新入社員研修では「悪い報告こそ、すぐに

しろ」と指導しますが、なかなか実践出来る

ものではありません。

社長でない方には、心当たりがあるでしょ

う。「これを言ったら、社長の機嫌を損ねる

よな」と思う報告がある場合、「何て言おう

かなあ」「言わずに、処理できるものならし

てしまおう」などと考えたことが有るはずで

す。でも、それが自己防衛本能のある、一般

的思考です。

ですから、ただ待っているだけでは決して

上ってきません。悪い報告に限らず、自ら情

報を取りに行きましょう。「〇〇さん、何か

ない?」と聞けば、聞かれた方は「そう言え

ばお客様から、こういう問い合せがありまし

た」「そう言えば、△△さんが体調悪そうで

す」等と答えます。聞けば答えるのですから、

さっさと聞いた方が早いです。

「物的環境整備」「人的環境整備」が進ん

でいる会社では、アルバイトやパート社員が

どんどん情報を上げてくるようです。(我社

はまだまだその域にありません)そういう会

社を見聞きすると、「うちもあんなふうにな

りたい」と思うのですが、なかなか一気にそ

の域へはたどり着けません。どの会社でも、

必ず、上司が情報を取りに行くという段階を

経ているのです。

部下の立場で考えてみましょう。部下は、

「上司が何を求めているのか、わかっていな

い」のです。上司がいろいろと聞いていくう

ちに、部下は「上司はこういうことを知りた

いのか」を理解します。理解が進めば、部下

の方からも報告が入るようになるのです。

我社はまだまだなので、私の方からいろい

ろと仕掛け、働きかけ、と動いている段階で

す。しかし、明確な目標があれば、そこへ向

かって具体的な努力を重ねることが出来ます。

今日も目標に向かって頑張ります。

では、また。・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・・「決断力」
すぐに実行することです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ