管理職に必要な条件

2015.7.8(水) ほとんどの社長は、

自分自身のめざすべき姿、会社のめざすべき

姿といったビジョンをもっています。

vision1

それがあるからこそ仕事に前向きに取り組

めるし、困難に直面しても簡単にくじけてし

まうことがないのです。

しかし、残念ながら多くの管理職は、自分

自身のビジョンをもっていません。自分の部

門に課せられた目標は意識していますが、そ

れが自分のビジョン実現とどのようにつなが

っているかということはまず考えていないの

です。

会社のなかで当事者意識がもっとも高いの

は、いうまでもなく社長です。特にオーナー

社長の場合は、会社が倒産すれば自分自身が

何もかも失います。まさに正真正銘の当事者

です。ギリギリの状況に追い込まれても決し

て諦めずに、何とかそれを乗り切ったという

経験をもつ社長は多いと思います。

しかし残念ながら、この社長並みの当事者

意識の高さを他の社員に求めることは、現実

的には不可能です。

彼らはたとえ目標が達成できずに大きな損

失が出たとしても、自分自身が致命的なダメ

ージを受けることはまずないことをわかって

いるからです。これは管理職クラスの社員で

も同じことです。しかし、だからといってそ

れを放置すべきではありません。

社員の当事者意識、とりわけ管理職の当事

者意識をどれだけ高められるかということは、

会社経営にとっての生命線ともいえるくらい

に重要な課題だからです。

では、また。・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 謙虚 」
失敗をいちいち正当化しないことです。周り
の人がバカらしくなって、本当のことを言わ
なくなります。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ