黙って見守る

2015.7.23(木) 昨日は、失敗を

恐れて行動しようとしない部下に対し、渋々

でも行動するようになるまで言い続ける事が

教育です。というお話をさせて頂きました。

tp_img02

賢明な皆様はすでに御存知のはずです。失

敗してマイナス面が露呈したら、それはチャ

レンジしたからこそであって、もし現状維持

のままでいたら、なにもわからずじまいだっ

たことを。そのほうがよほど組織にとっては

マイナスであることを。もっといえば、表面

的に「プラス・マイナス」といったところで、

世の中の事象は捉えかたひとつでどちらにで

も転がることを。

「コップの中に水が半分ある」という有名

な訓話があります。これを「半分しか残って

いない」と見るか、「まだ半分もある」と取

るか。それによって行動が変わってくる、と

いうもの。上司の指示をないがしろにし、チ

ャレンジをしたがらない部下というのは前者

です。「半分しか」と思った瞬間守りに入り

ます。確かに水は大きくは減らないかもしれ

ません。しかし攻めない以上増加はないので、

いつかは干からびてしまいます。

上司は管理職として部下をしかるべく采配

し、コップを再び水で満たさなくてはならな

い義務を負っています。「半分」という現状

で満足せず、増やそうとチャレンジすれば失

敗も伴います。それは時に、自身を傷つける

結果にもなるかもしれません。しかし、それ

でいいのです。なぜなら、失敗をした代わり

「経験」という得難い宝を得るからです。

こういうことは、やはり自分でやってみて

「なるほど」と実感しないと気づきません。

その域にまで部下を到達させるためにも、口

うるさくいう必要があるのです。

一方で、渋々ながらでも部下が手を着けた

ら、まずは隣でじっと見ていることが大切で

す。さんざん言われた挙げ句、部下がようや

く重い腰を上げたのはなぜでしょうか?簡単

なことです、「できる」という気持になった

からです。よくわからないけれど、なんとな

くできるように思えたので手を着ける気にな

ったのです。本来、仕事なのですから、上司

から指示された瞬間に行動していなければな

らないのですが、これが部下というものの実

状です。しかし、それは仕方がありません。

それでは果たして部下は思惑通りに仕事が

できるでしょうか? もちろんそれほど仕事

は甘くはありません。このあたりにもやはり

見込みの甘さはある。「できる」と「できた」

は一文字違いですが、ここにはなかなか乗り

越えられない高い壁があります。上司はまず、

部下にそれを実感させなければいけません。

「できない」ことを体験させ、そこを出発

点として対策を講じていく、その中で部下も

スキルアップしていきます。傍から見ている

と簡単そうなことでも、自分でやると上手く

いかない。その体験を少しずつ積ませること

が大切です。それぞれの局面において、時に

は口うるさく、時には口を出さず。部下を育

てるためにはそれぞれの時期にふさわしい対

応をしていかなければならないのです。

では、また。・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 現場 」
現場に足を運んでみないと、本当のことは
わからない。できたら現場の人の話を聞い
てみる。報告を真に受けてはいけない。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ