共有財産

2015.9.15(火) 皆様、お早うございます。

本日は、このブログを読んで下さっている皆様には、

管理職の地位にある方が多いであろうという前提で、

書かせて頂きます。

fbefd391-s

皆様は、練達の管理職として、仕事の上手いやり方だ

とか、トラブルを速やかに解消するコツだとか、お客様

と契約する仕組みだとかをいくつもお持ちでしょう。皆

様は、様々なビジネスシーンでそれらのノウハウを柔軟

に使い分けて成果を上げ、現在の地位を築かれています。

大変けっこうなことです。現在の地位は、今迄の成果

に裏打ちされていなくてはなりませんからね。ただ、こ

こで私が問題にしたいのは、皆様がご自分の持てるノウ

ハウを部下にきちんと伝えているか否かです。

 

けっこう耳の痛い方も少なくないのではありませんか?

 

というと、皆様はこう思うでしょうね。『このノウハウ

は自分にとって大切な武器。それを部下に与えるとは、

武装解除した丸腰の状態で戦場に赴くのと同じだ。万が

一にも当の部下に後ろから撃たれるようなことがあった

ら俺はどうなるんだ云々・・。』と。人間である以上、

わが身が可愛いのは当然のことですから、「自分の地位

が脅かされる」という心配は私も充分理解します。

理解はするが、それは何重にも間違っていると申し上

げざるを得ません。まずもって指摘したいのは、皆様の

持っているノウハウは、皆様が自力で、ゼロの状態から

得たものではないということです。自分の努力と才気で

つかみ取ったと思っているかもしれませんが、大間違い

です。それは単純に、ノウハウを吸収・活用する立場が

あっただけの話に過ぎません。ノウハウ「そのもの」は

皆様の先輩や上司が、会社が授けてくれたのです。

であれば、ノウハウを次代に継承するのを怠るのは、

どう考えても人倫にもとる話ということになります。何

故ならそれは全社員の共有財産なのですから。皆様も組

織の一員であるからには、部分最適ではなく全体最適を

常に志向しなくてはなりません。有名なミュージカル曲

をもじっていえば「ひとりはみんなのために」です。

もちろんそれは、人間という弱い存在にとってはとて

も難しいことであるでしょう。それでもあなたは、その

困難事に取り組まなくてはなりません。なぜ? 先述し

たように、かつて多くの人達があなたを一人前にしよう

と骨を折ってくれたからです。このことは、言うならば

「みんなはひとりのために」だったのです。

皆様ががノウハウを隠すと、部下はいつまで経っても

一人前にはなりません。人間が成長していく上では的確

なコーチングが常に必要であり、また成功体験を味わう

ことも不可欠です。

皆様がノウハウを公開しないと、他ならぬ皆様自身の

成長の芽も摘むことになります。どうして? ノウハウ

に頼ってしまうと、新しいことへのチャレンジが疎かに

なるからです。

皆様の掌は、皆様がこれまで獲得してきたノウハウで

目一杯、もう余地はありません。新しいノウハウを得る

ためには、その手中にあるものをいったん誰かに渡して

身軽になる必要があるのです。

では、本日はこれにて・・・・

=========================
本日の言葉の定義・・・・・・・「 娯楽 」
男性のためだけのものは衰退する。現代社会を引っ張っ
ているのは女性です。
=========================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ