どれだけ言っても、部下の心は変わらない。

2015.9.17(木) 部下に覇気がない。やる気

が感じられない。なんとか部下を仕事に駆り立てようと

管理者はしゃかりきになりますが、部下は管理者の言葉

を馬耳東風と受け流し、いっこうに仕事に身を入れよう

としない。それどころか隙あれば、さぼろうとばかりし

ている・・・。 これは程度の差こそあれ、どこの会社

でも日常的に見られる光景ですね。全く困ったことです。

b69ed9a7

しかし、それを嘆いていても始まりません。部下とは

そういう生き物ですから。第一、管理者だって一般社員

だった頃は毎日さぼりたくて仕方がなかったでしょう?

そして実際、上司の目を盗んでは毎日さぼりに精を出し

ていたのではないですか?

つまり、今の部下の姿は「かつての自分の姿」です。

であれば、今の管理者の職業倫理をそのまま部下に押

し付けるのはあまり意味のあることではないですね。

それに「覇気」とか「やる気」とかいった心の領域

に属するものは、第三者が口頭でどうこういったとこ

ろで、そう易々と変わるものではありません。部下の

心のありようは、問うても無駄です。この辺りの機微

が理解できない管理職は、ともすれば無意味な精神論

をぶって部下との溝をますます広げます。

部下がさぼるのは当たり前、さぼろうとする心根を

入れ替えようとしても無駄。すべきことは形のある物、

具体的に目に見える物を徹底的に整えることです。そ

うすれば部下の心は次第に変わってきます。

要は部下の「心」という目に見えないものに対して

は、正面からぶつかっていくのではなく、搦め手から

攻めて行く。「形から入って心に至る」の戦法です。

まず管理職がリーダーシップを発揮して形を整えてい

くこと、それが部下の覇気・やる気を盛り立てる最善

にして最短の方策なのです。

「形のある物、具体的に目に見える物を徹底的に整

える」とはどういうことか。

それは、「部下を誉める」ということや、定期的に

面談を行なうこと、意識的に声かけをすること、飲み

会を実施すること等です。これらはすべて目に見える。

こういうことを徹底的に、平等に行なっていくうちに、

彼らには、仕事に前向きな心が養われていくのです。

では、また。・・・・

=========================
本日の言葉の定義・・・・・「 コロコロ変わる 」
この変化の激しい時代、お客様の希望する商品、・サー
ビスを提供できるように組織も活動も替えなければ会社
は成り立ちません。お客様の要求に合わせて、コロコロ
変わることを誇りとする。
=========================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ