夢を与えてモチベーションUP

2015.10.9(金) 以前から繰り返し

述べていることですが、部下はとにかく仕事は

嫌いで面倒なことはしたがらない生き物です。

(あくまで一般論としてですが・・・)それ

でも過去に記載したように、仕事のチェック

を徹底すれるようになれば、とにもかくにも

動き出してはくれるようになるはずです。

47490210

そうなったらしめたもの。次の段階として、

部下のモチベーションを高める方策を考えて

みましょう。人間はやりがいや達成感、面白さ

を感じなければ、何事も長続きはしません。

ですから、部下に「モチベーションを高く

保って仕事をしろ」と求めてはいけません。

モチベーションは、つまるところ心の問題です。

心という、目には見えにくいもの・計量化の

しにくいものは、口で言ってどうにかなるもの

ではありません。どうにかならないものをどう

にかしようとすると、部下は心を病みます。

だからといってそれは、部下の心に無関心

であっていいということでは有りません。

部下は今どういう心理でいるのか、どういう

気持ちで仕事に臨んでいるのかには、管理職

として常に敏感であるべきです。そこで万一

ネガティブな結果が出たら、即座に然るべき

対策を打たねばなりません。

「モチベーションを高く保って仕事をしろ」

と求めてはいけないが、部下が高いモチベー

ションで仕事ができる環境はつくらなくては

ならない、と。・・・ 部下に仕事へのモチ

ベーションを高く維持させる方策のひとつは、

常に夢を与えることです。

だからと言って、夢を持て。と言っても

ダメです。夢を持てと言われただけで夢を

持てる部下などほとんど居ません。そんな人は

一部のエリートさんだけです。そもそも中小・

零細企業にはそんな人材は入ってきません。

社員に夢を持ってもらうには、先ずもって、

会社が夢を持っていなければなりません。

会社の夢とは、つまり明確なビジョンの事です。

それも、社長の頭の中だけにあっても意味

がありません。全社員に周知されている必要

があります。(我社では経営計画書を手帳

サイズで作成し、全社員に配布しています)

そのうえで、社員が夢について語る場と機会を

提供するのです。(具体的には、個人面談や

社内・部内の飲み会を多く持ったり、時には

プライベートの付き合いに誘ったりすること)

そして、そのなかで部下自身に夢を語らせ、

その夢の実現を、会社のビジョン、方針に

添った内容での具体的な行動に落とし込んで

指導するのです。そうすれば、自然とモチベ

ーションを高く保てる部下が増えるでしょう。

では、また。・・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「 自戒 」
トップが自分の姿勢を正すことです。規則を
守ることです。 指導力を発揮でき、十分な
説得力をもてるようになる。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ